おぜとも日記 in Thailand 

No Thailand No Life!
怠け者ニッポン代表!おぜとものナウでホッツなブログ from パタヤ!!
ご意見、ご感想お待ちしとりますゼ!
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< カノム バナナボール | main | おぜとも サメット島から帰る。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
おぜとも サメット島へ行く。
タイ人の友達8人が21日の早朝から23日まで
サメット島へ行くので「一緒にどう?」と誘ってくれて、
初めてサメット島へ行くことになった。
21日の午後に用時があるので、22日の朝に一人で
サメットまで行って合流することにした。

東バスターミナル(エカマイ)から
バーン・ペー行きの1等エアコンバス(124B)で出発。
3時間半くらいでバーン・ペーのバスターミナルについて、
バスターミナルのすぐ向かいにある船着場から
サメット行きの船に乗り込んだ。往復で100バーツ。
サメット島は国立公園に指定されている為、入島の際に
タイ人20バーツ、外国人200バーツの国立公園入域料
払わなくてはいけないんだけど、
この船のチケットを買う時に、港の窓口のオネイチャンが
「今ここで払ったら180Bでいいわよ」なんて言ってきて、
何も知らないあたしは払ってしまおうと思った。
でも一応友達に電話をして確認してみたら
「絶対払うな〜〜〜!そいつは嘘をついている〜〜!」って
ことだったので払わずに船に乗った。
友達の話によると、もしここで払っても、
島に入った時にもう一度払わなくてはいけない場合も
あるらしい。港では払わない方が賢明です。

船の上はファラン(欧米人)のお年寄りがいっぱい。
バンコクからも近く、美しいビーチで有名なサメット島は
お年寄りにも人気らしい。約30分でナダン港についた。
小さい島だと思ってたけど、これが意外にも大きくて
迎えに来てくれた友達のギップと一緒にソンテウで
タップティムビーチへ移動。
タップティムビーチへの道はほとんど舗装されてない。
急勾配の砂利道をアップダウンを繰り返しながら進む。
途中、公園管理事務所で200バーツを払った。

タップティム・バンガローのビーチレストランで
ゴップ、ミー、ジョー、ジェッ、レック、ヌン、
唯一の女性エッがのんびりうとうとしてるところに合流。
名前の前に「ピ(ほんとはピー)」をつけるのは
みんながあたしより年上だから。
年上の人には友達でも「ピー」をつけて呼ぶ。

サメット 2

サメット 1 サメット ア

みんなタイ人にしては珍しく?水着だけで海に入る。
タイ人はみんな服のまま海に入ると思ってたけど、
新しい発見だった(笑)。
奴らは写真を撮るのが大好き。
見てるこっちが恥ずかしくなるような決め顔ポーズで
写真を取りまくる。しかもみんな一眼レフを持っていて、
惜しげもなくバチバチ取りまくる。
あたしを除いて平均年齢29歳の大人が
はしゃぐわ、はしゃぐわ、みんな子供のよう。
しかし楽しい!
フリスビーをしたり、ピヌンを砂に埋めたり、
泳いだり、ビーチサッカーをしてたらあっという間に夕方。
シャワーを浴びて、ビーチレストランで豪華な夕食。
食後はみんなでお酒を飲みながら深夜まで話した。
満月に近い月がきれいだった。海も月もきれいだし、
楽しいし、食事もお酒もおいしいし。
あぁ、来て良かったなァ。
そんな天国気分をぶち壊す就寝時間。
8畳ほどの広さのエアコン付、お湯シャワー付1,500Bの
バンガローを2つ借りてて、
部屋の中にはキングサイズベッドとシングルベッドがひとつ。
5人と4人に別れて泊まる。
あたしが泊まったのは5人部屋で、
ピエッ、ピゴップ、ピレック、ギップ、あたしの5人が
2つのベッドに身を寄せ合って眠る。
…まぁ、ここまでは良いとして…
問題は暑がりのタイ人!
特にピエッの暑がりと言ったら半端じゃない。
エアコンがなくても充分な気温の夜なのに、
温度を16度に設定して、フル回転でエアコンを稼動させ、
布団をきっちりかぶって寝てしまった。
布団が一枚しかないので、他の人はタオルケット。
だけどみんなタオルケットなしで上半身裸で寝ている。
さ、さ、寒くないのか・・・?
あたしは歯がガチガチなって、ブルブル震えだして、
長袖を持ってるはずもないのでTシャツを3枚重ね着して、
タオルケット2枚にくるまってみの虫状態で寝た。
南の島の楽園ビーチに来たはずが、
標高何千メートルの山にある山荘に泊まってるようだった…
おかしいだろ!おぃ!
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ozktmk.jugem.cc/trackback/111
トラックバック