おぜとも日記 in Thailand 

No Thailand No Life!
怠け者ニッポン代表!おぜとものナウでホッツなブログ from パタヤ!!
ご意見、ご感想お待ちしとりますゼ!
CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< タイのニュース 其の壱 | main | タイのニュース 其の参 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
タイのニュース 其の弐
味をしめたので第2弾。

牛の結婚式に結納金10万バーツ
 東南部サケーオ県で畜産業を営む男性が飼っている雌の
小型牛が、同じく小型の雄牛と人間と同じスタイルで
結納金10万バーツを納め、結婚式を挙げることになった。
 この牛は肉牛のブラーマン種で、1歳半では大きさ2メートル、
体重は1トンほどになるが、雌牛は奇形の一種で大きさは
70センチ、重さは50キロと、中型犬くらいの大きさしかない。
 ところが体が小さいだけで他に異常がないことから、
この度同じような雄牛と結婚式を挙げることになった。
雄牛の飼い主は「はじめは珍しいので買い取りたいと申し出たが
断られたので、結婚式を挙げることにした。こうした小型牛の
結婚式は世界でも例がないと思う」と語った。

帆船の移動図書館
 インド洋津波被災児の心のケアの為、保護開発基金は2艘の
船を改造して、海上でレクリエーションを行ったり、
移動図書館として利用するプログラムを発表した。きっかけは
ドイツの団体が学校建設の為の資金協力を申し出たことだったが、
学校はその辺の地域の子供しか利用できないことから、
広範囲にわたって被災した子供たちの心のケアが出来るよう、
船による移動図書館を思いついたという。
 船は50人乗りと95人乗りで、被災地域の6県(パンガー、
クラビ、プーケット、ラノーン、トラン、サトゥーン)の
100ヶ所の小学校から参加する子供たちを募り、音楽や工作、
また臨海地域の環境問題にも触れる4日間の海上プログラムを
実施する。子供たちの中には被災以降海を怖がり、
船に乗ることすら出来なくなってしまった子供もいることから、
心理学の専門家を招いて海への恐怖心を取り除き、
地域環境を慈しむ心を取り戻してもらいたいという狙いもある。

大学教授が公衆電話の小銭泥棒
 バンコク都内の戦勝記念塔周辺で、公衆電話をこじ開けて
小銭を盗んでいた男(49)が警察に逮捕された。男は
チュラロンコーン大学(タイの東大)の理学部教授。
戦勝記念塔周辺の公衆電話では同じような被害が
相次いでいた為、電話会社から警察に被害届が出されていた。
 男は約一年前にも同様の事件で逮捕されているが、
証拠不十分の為起訴されずに済んでいた。
 今回、男は既に保釈金10万バーツ(約27万円)を払って
釈放されているが、警察では社会的に地位のある人物に
ふさわしくない行為として、法に基づいた処置を行う予定。
 なお、男は経済的に困窮して犯行に及んだのではないことから、
保険証の専門家は「ショップ・リフティング」の
一種ではないかとしている。

宝くじで1.09億バーツ(約4,040万円)大当たり
 6月16日の宝くじで過去最高の賞金最高額1.09億バーツを
当てたアパート経営の女性は、賞金はアパート2棟の建設と、
パームオイルの工場建設に使う予定だとした。女性の夫は、
「妻はよく神廟に寄進をして、宝くじが当たるようにと
願掛けをしている。今までには電話番号、車のナンバー、
水道のメーターなどでも宝くじを当てたことがある」と語った。
 夫婦はバンコクのホワイクワン地区でアパート経営をしており、
今のアパートの裏に一棟、新空港の近くに一棟のアパートを
建設し、親戚が住むラヨーン県に工場を建てたいと語った。
 なお、女性は高額賞金を手にしたため、身の危険を感じて
親戚の家に身を寄せている。
※補足
 タイの宝くじは「ロッタリー」と呼ばれ、
自分の好きな番号を買うことができる。
夢の中でお告げされた数字やお寺のお坊さんに教えてもらった
数字は縁起が良いとされる。
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ozktmk.jugem.cc/trackback/144
トラックバック